奪取屋いしやん アンテナ奪取という携帯ゲームにどっぷり浸かった人間の徒然なる記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
W42Hで重い時
2006-11-11 Sat 13:12
W42Hに換えて感じたのですが、電波の不安定な場所で奪取すると、やたら重くなったり、時に接続エラーが出ることがありますね。この現象はエリア奪取でも同様で、GPS測位の進捗表示バーが固まったままタイムアウトします。

多分、WINから1xモードに移行(ハンドダウン)していると思います。問題なのは、アンテナピクトが3本立ち続けていること…W11Hではピクト表示が下がったのに。

回復方法は電波オフかな。エリア奪取の場合はリロードもした方が良いみたい。私の場合、反応が遅い時は待たずに切断して電波オフ、軽い画面(例のページ)をリロードする様にしています。
スポンサーサイト
別窓 | 奪取テクニック | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
鯖重での奪取テクニック
2006-10-09 Mon 13:29
奪取するがエラー!
ムム…再奪取するがエラー!!
コンチクョ~と気合を入れて再々奪取するがエラー!!!
以下略...orz==3

こんな場合、後でリストを見てもホトンド取りこぼしてます。
なぜなら、アンテナ奪取サーバーは毎回、乱数を送る仕組みになっていて、乱数が一致しないと奪取を認めません。(不正アクセス対応)
エラー画面からの再奪取は乱数不一致となり奪取が無効です。
これを繰り返すことは、無駄にサーバーを酷使することになります。健康にも良くありません、止めましょう。

エラーがでたら終話(切断)して、アンテナ奪取画面をリロードして下さい。
リロードとは前回画面表示ではありません。
お気に入りからアンテナ奪取を呼び出すことを指します。

推測ですが、
重い時はほとんどがサーバーの奪取受付けは終わって、奪取画面の応答で落ちています。
普段より重いと思ったら、終話(切断)してもアンテナ奪取はほぼ成功しています。
で、躊躇することなくリロードして、奪取!ということで良いです。
通常の奪取なら5秒も待てば良いと思います。
オーバーリーチや2GHzの場合は長めに待ってください。
この辺は端末依存の部分です。各人で見計らってください。

加えて、今般のサーバー負荷を鑑み、リロードするページは奪取アクセスキー説明ページとすることを推奨します。このページは非常に軽いので、サーバーにも優しくレスポンスも早いです。
以下のリンクより、
http://members2.jcom.home.ne.jp/oguri2222/ant_dash/accesskey_bkmk.htm
アクセスキー説明ページをお気に入りに登録して下さい。
次に、一発ジャンプ(待ち受けからEZ長押しに登録)の設定をしてください。
一発ジャンプは待ち受けからEZメニュー(EZボタン)→EZ設定→一発ジャンプ設定です。

まとめると、
重い時の奪取手順は、
1)待ち受けからアクセスキー説明ページ(EZ長押し)
2)奪取(決定または1ボタン)
3)適当な頃合を見て終話(切断)
を繰り返す。ということになります。

サーバーレスポンスが良好なら、適宜ねぎま式(前回画面表示)へ移行して下さい。
しゅう式は1と2の間に電波オフと前回画面表示を入れてください。

要は、
エラー画面からの再奪取は無駄。
奪取の応答画面を待つ必要は無い。
ということです。

少しでも、状況が改善すれば幸いです。
試して見てください。
別窓 | 奪取テクニック | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
「新」開拓マップ
2006-07-02 Sun 23:59
最近、開拓されたエリアを可視化してみましたよ。
ここ1ヶ月強で開拓されたエリアが黄色です。
まずは伊豆から、
伊豆の新開拓エリア状況

次は某掲示板で注目の福島。
福島の新開拓エリア状況

どうでしょうか?
えっ!伊豆よりも山梨の開拓が…
最近、ホットでしたからねぇ。
あと、しゅうさんの記事も特定シマスタ。
でも暑い充電器はイリマセンw

アンテナ奪取的には、開拓が新アンテナによるのかどうかが重要ですね。
こういう視点から見ても、両奪取の相乗効果は高いと思います。

可視化の手順は以下、
・エリア奪取のPC版から開拓マップ画像をダウンロードする。
・しばらく経ったら、また開拓マップ画像をダウンロードする。
(まあ、定期的にダウンロードすれば良いですね)
・この新旧画像を重ねて描画させる。

新画像を色反転して、旧画像を透明化して重ねるだけなんだけど、埋め込まれている緯経線と境界線の処理に、少々知恵が要ります。
ヒントは、
灰色は暗くすれば黒と一致。
反転の反転は正。
あとは自分で考えてみてくださいね。

使ったツールは
画像変換・レタッチ ねこのキャンバス
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se239280.html
シェアウエアで、30日間は試用可能です。

愛媛を追加致しました。
愛媛の新開拓エリア状況

7/3~7/6の約72時間に開拓された青森周辺の状況。
北海道へのオーバーリーチもありますねぇ…
今が旬の青森♪

これは開拓マップをカシミールにインポートしてみたの図。
インポート手順の具体は別途報告します。
開拓マップをカシミールにインポート

別窓 | 奪取テクニック | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
Googleマップで足跡
2006-06-06 Tue 01:49
この記事はPCから見て下さい。

お祓い巡りの足跡をGoogleマップで表示してみました。どうですか?
いしやんがこんな風に廻っていたのか~と、一目瞭然でしょう。
是非、ルート再生をしてみてください。縮尺と速度は変更できます。
マーカーには、簡単なコメントとモブログのリンクを貼りました。
こんなところでこんな記事を書いていたんだなぁと感じて頂ければと思います。

Googleマップ表示の手順は以下のとおりです。
1)地図ソフトのカシミール3Dの画面上で、マウスをグリグリしながら足跡を入力し、ルートファイル(RTE)とマーカーファイル(WPT)を作成する。
2)RTEとWPTを「轍 Wadachi」にロードして、GoogleマップのHTMLコードに変換する。
3)HTMLコードをアップロードして、ブログからリンクする。

「轍 Wadachi」というフリーソフトが要(かなめ)ですね。非常に優秀なソフトだと思います。
なお、カシミール3DはGPSレシーバログのインポートが可能なので、足跡入力は自動化できます。
さらには、GPSレシーバログに時刻情報もあるので、もっとリアルな足跡になります。
今回はGPSを持っていかなかったのと、地下ではGPSが不通なので手入力しました。

出来ることならば、Googleマップをブログエントリーに直接貼り付けたいんだけどなぁ…
景虎さんのブログにある様に、FC2ブログはUTF-8コードのHTMLに非対応なのがネックですねぇ。
ALPSLAB Slideの機能向上か、FC2ブログの対応を待ちたいです。

あと、アンテナデータを加えて表示させることも可能です。これは個人的に楽しまさせて頂きます。
ずっーと前から、これがやりたかったのだ。

追伸:2006.06.07に記事および地図を見直しました。
別窓 | 奪取テクニック | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
奪取マップ
2006-05-09 Tue 02:33
神奈川453本、東京902本、計1355本ですよ。

とりあえず、神奈川と東京を公開します。
神奈川453本、東京902本、計1355本です。
地図はMapFan.Netです。
故意に縮尺を小さくしています。
雰囲気をお楽しみ下さい。

最近、カシミール3Dを本格導入しました。
地形把握、GPS走行軌跡表示が魅力です。
昔、林道走行した時の軌跡ログを描画させてニンマリしてます。
MapFanのブックマーク(座標データ)を一括変換する手順が確立できたので、これからは2本立てで行こうと考えています。

本当はカシミール1つにしても良いのですが、座標を手で入力することにストレスを感じたのと、誤入力したときのリカバリに不安があったため、当面は2本立てとします。
MapFanは手入力が不要なのと、もし誤ったとしてもメールとブックマーク時刻の確認により、修正が容易に行えます。

なお、SuperMappleはオクラ入りです。
小さい縮尺が設定出来ないです。例えば、関東全体を一画面に表示できません。広域性が必要な奪取マップには不適と思います。
その他、ユーザーインタフェース、ROM地図など旧式感も強いです。
地図の精密さは優れているのですが…
別窓 | 奪取テクニック | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
進むべきか退くべきか
2006-04-29 Sat 16:06
例えば、山間の一本道で奪取していると、周辺アンテナの存在が検索できない時がある。しかし、更に進むとアンテナがあり奪取できる。
が、この道はいずれ終点を迎えるので、どこかで引き返さなくてはならない…
で、判断がつかずダラダラと進んで行くと「これより林業関係者以外立ち入り禁止」なんて看板が出て、トホホ…と引き返すことになる。
アンテナ検索は周囲2km程度なのに対して、郡部のアンテナ間隔は2kmを軽く超えるために、上記のようなことになる。

で、進退窮まった時の一方法として、エリア奪取で周囲検索することを勧める。
http://typezero.ddo.jp/ez/
エリア奪取は緯度、経度の1分単位(南北約1.88km、東西約1.48km)の面(エリア)を奪うゲームである。
au端末のGPS位置情報を利用してエリアを獲得する。
従って、開拓されたエリアはauのサービスエリアである可能性が非常に高い。
エリア奪取にも周囲検索機能があり、現在地点から南北約8km、東西約6kmのエリア開拓状況が確認できる。
この広大な検索能力を活用して、アンテナの存在を推測するのである。
道の先が未開であればアンテナが無い可能性が非常に高い。(逆に新発見の可能性もあるが…)
私の知る限り、探索能力の高い奪取erはエリア奪取にも参加していることが多い。

エリア奪取はauのサービスエリアをユーザーの立場から検証する目的で運用されている。
もし、アンテナを新発見したら周囲のエリアをクマナク開拓して欲しい。
くれぐれも林業関係者の迷惑にならない様に…
別窓 | 奪取テクニック | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ネイバリスト
2006-04-18 Tue 23:49
アンテナ検索をしたところ待望の未発見アンテナがあり、ウォーとヨロコビ勇んで奪取しまくるもののマッタク取れないときがある。
挙句の果てには死亡ダーと決め付けるが、奪取履歴には数時間前の奪取記録が残されている…
こんな行き詰まった状況に追いこまれた際の打開方法として、端末の電源オンオフすることを勧める。

cdma2000はアンテナ基地局が同一周波数を共有するシステムである。
端末は各アンテナの電波を見て、最も確かなアンテナを捕捉する様にプログラムされている。
しかしながら、全てのアンテナを見ているかと言うとそうではない。
端末は捕捉しているアンテナから、隣接するアンテナ候補一覧(最大32セクタ)を受信している。端末はこの情報(ネイバリスト)に基づいて、アンテナを探索し、最も確かなアンテナに切り替えて行くのである。こうすることにより端末は最小限の消費電力で移動切り替えを実現する。

では、なぜ前述のアンテナが捕捉出来ないのか…
ネイバリストはオペレータであるauが設計している。すなわち、人間が考えたものである。
時に、設計者の予想とは裏腹に電波が飛び交うこともあり得るし、ネイバリストにキズがあるのかもしれない。
端末の電源オンオフをすることにより、端末はネイバリストに縛られずに全域探索を実行する。
全域探索を実行する他の条件は圏外に落ちることである。圏外への移行はタイマー待ち時間が生じるので、積極的には勧めない。
電源オンオフにより、晴れて初奪取を決めたら、そのまま移動してみて欲しい、うまく隣接アンテナを捕捉できれば、恐らく片ネイバである。いつまでも同一アンテナを引きずる様なら、完全なネイバ漏れと思われる。

ちなみに、ネギマ式奪取はネイバリスト内の再捕捉を促すテクニックであり、前述のネイバリスト漏れには対応しない。
最近、有名になったアンテナを見て、そんなことを記事にしてみましたよ。
なお間違っても、アンテナ基地局の電源オンオフはしないように…
別窓 | 奪取テクニック | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ALPSLAB slide
2006-04-10 Mon 17:40
この記事はPCから見て下さい。
ALPSLAB slideとは、地図ソフト「プロアトラス」で有名なアルプス社が提供する、新世代型ネット地図。
http://www.alpslab.jp/slide.html
まずは、以下の地図をご覧頂きたい。

35/23/35.565,139/28/10

神奈川県藤沢市湘南台ですね…
ってなコトはドウデモ良くて、まずはマウスでグリグリして欲しい。
どうですか。面白いでしょ。
えっ!GoogleMapでも出来るじゃん…
そうなんだけど、何が良いのかって言うと、ブロガー(いしやん)が楽なんです…
どんな風に楽なのかは、上のリンクを参照して下さい。
ちなみに、こんなことも出来ますよ。

35/32/57.169,139/25/13.774
35/32/53.253,139/25/19.664
35/32/49.582,139/25/24.955
35/32/46.318,139/25/29.547
35/32/42.565,139/25/34.538
35/32/38.649,139/25/39.430
35/32/34.325,139/25/44.721
35/32/30.245,139/25/49.712
35/32/25.920,139/25/55.103
35/32/26.084,139/25/54.704
35/32/21.596,139/25/59.496
35/32/16.456,139/26/4.887
35/32/10.825,139/26/10.078

左上の再生ボタン(キミドリ)をクリックして下さい。
ほら、面白いでしょ~。
(少しズームアウトした方が見やすいカモw)
4/5にリリースされたばかりの機能限定版なんだけど、簡単なんで気に入りました。
和製GoogleMapガンバレ!
別窓 | 奪取テクニック | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
M561
2006-03-12 Sun 12:22
某国営サイトによれば、藤沢市内で新規免許が昨年末に1件付与されている。
で、市内をウロウロ廻ってみたんだけど、新設は見当たらなかった。
昨日、湘南台地下で奪取したときにレスポンスが早くなったと感じたんで、携帯で通信環境確認をしてみた。
あー2.4Mbpsになってる~ってことで、この免許は湘南台地下のWIN化だったと結論した。
通信環境確認はメニューから5→6→1です。
M561としてアイコン登録しておけば、1ボタンで通信環境確認が実行できる。
ちなみにM561は単なる確認だけでなく、特異な電波環境(モッサリとした1xへのハンドダウン状態)からの復帰にも効果がある様に思える。この辺は調査が必要。
以上、豆知識でした。
M561の続きを読む
別窓 | 奪取テクニック | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
MapFan.netのインポート機能について
2006-02-05 Sun 22:36
MapFan.netのインポート機能について、調べました。
マニュアルは以下のURLを参照ください。
http://www.mapfan.net/manual/mfnbook/bp01.html
csvまたはtxt形式のファイルを入力として、「名称」、「緯度」、「経度」、「表示縮尺」、「アイコンファイル」、「コメント」の情報に類別し、ブックマークにインポートできるとのことです。手元に試行できるデータが無かったので、書いてあるままを言っています。1週間無料で試用できると思うので、良かったら試して見てください。
私が見たMapFanの利点は、アンテナ奪取から位置情報を簡単に移行できる点にあります。
移行手順は
1)アンテナ情報の地図表示(携帯MapFan)から、PCへ地点データ転送(ここです!メール)
2)MapFan-Webで地点表示(PCで受信したメールを開き、本文のリンクをクリック)
3)MapFan-WebからMapFan-Netに地点データ転送(クリックのみ)
4)MapFan-NetでBookMark登録(クリックのみ)
MapFan以外のソフト利用の場合、携帯から位置情報を手写しすることになると思います。
テクニックとしては、アンテナリスト表示を最低の10件に設定し、携帯の戻る(クリアボタン)で画面遷移を行うようにすることです。携帯の処理待ち時間が減り作業が早くなります。
実は、奪取リモコンがらみで、上記の操作を自動化すべく試行中です。
携帯電話インタフェースは「携帯万能16」で、キーボードマクロKMmacroを使用して携帯操作手順を自動化しようとしています。
実はほとんど出来たのですが、メール送信する操作だけが自動化できません。なにか規制がかかっているようです。ここさえ突破できれば、なんちゃってPCインタフェースが完成するんですが。
携帯万能16
http://www.tri-star.co.jp/products/bannou/16/
キーボードマクロ&マウスマクロ KMmacro
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se211440.html
MapFan.netのインポート機能についての続きを読む
別窓 | 奪取テクニック | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 奪取屋いしやん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。