奪取屋いしやん アンテナ奪取という携帯ゲームにどっぷり浸かった人間の徒然なる記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
初めてのハンディGPS
2008-08-14 Thu 10:32
ハンディGPSをはじめて購入する際のアドバイスをまとめました。Garmin社のみを対象としています。他社のことは知りません。あしからず。
ハンディGPSの代表的な販売サイトはこちら
http://www.rakuten.co.jp/gps/
個人輸入で安く買うことも可能です。(リスクはありますが)

1.ハンディGPS
(1)大きく分けて何が違うのか
感度[説明無し 高感度 SiRFStarⅢ] 高感度かSiRFStarⅢが必須
SDカード対応[有 無] SDカード対応必須
表示[無し モノクロ液晶 カラー液晶] カラー液晶必須
言語[日本語 英語] お好きな方をどうぞ
高度計[有 無] お好きな方をどうぞ
バッテリ駆動時間
だと思います。

候補は
nuvi250
 高感度、SDカード、カラー液晶、日本語、高度計無、4時間

nuvi360
 SiRFStarⅢ、SDカード、カラー液晶、日本語、高度計無、4~8時間

eTrexLegendHCx
 高感度、SDカード、カラー液晶、[日本語 英語]、高度計無し、25時間

eTrexVistaHCx
 高感度、SDカード、カラー液晶、[日本語 英語]、高度計有り、25時間

GpsMap60CSx
 SiRFStarⅢ、SDカード、カラー液晶、[日本語 英語]、高度計有り、18時間

2.言語はどうすればよいか
価格は日本語版が高くなりますが視認性は格段にあがります。
日本語版に英語地図は入るけれど、英語版は英語(1バイト言語)のみです。

3.高度計はどうすればよいか
軌跡ログ鑑賞に重きを置くなら高度計つきが面白いです。ただし値段が上がります。
登山、サイクリング、峠や林道走行が中心なら投資の価値は高いかと。

4.英語版ソフトについて
(1)英語版Mapsouce
海外に持っていかないなら不要。付属の日本地図はひどい品質。
ハンディGPS添付の"Trip&Waypoint Manager"で地図更新と軌跡ログ鑑賞以外の基本操作は可能です。 ただし、軌跡ログを手っ取り早く見たいなら買った方が良いです。

(2)地図更新
前回記事のsendmapがあれば大丈夫。

(3)英語版日本地図
UUD製作所の「GARMIN GPS用 日本詳細1:25000道路地図+トポ v1.2 8,400円」がお勧め。
(v2.0はルートナビ機能地図がついただけで高い)

5.軌跡ログ鑑賞
・Mapsouceで鑑賞。
 英語版MapsouceでもUUD地図をベースにできるから地図品質は大丈夫。ありがたいのはすぐ見れること。

カシミール
 これもすぐ見れます。
 別途、山旅倶楽部の詳細日本地図が必要。
 高度データを利用した三次元地図表示ならこれ。
 奪取データ取り込みなど応用性も高いです。(いしやんの部屋を参照)

・GoogleMaps
 カシミールから轍(わだち)を使ってGoogleMapsに表示。
 無料だけどちょっと手間がかかる。

てな感じです。

比較した感じ、nuviは戦略価格でコストパフォーマンスが高いですね。ただ、過酷な環境には耐えません。電車、車移動なら良いかと。

ちなみに私はGpsMap60CSx英語版を使っています。
スポンサーサイト
別窓 | ハンディGPS | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 奪取屋いしやん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。