奪取屋いしやん アンテナ奪取という携帯ゲームにどっぷり浸かった人間の徒然なる記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
進むべきか退くべきか
2006-04-29 Sat 16:06
例えば、山間の一本道で奪取していると、周辺アンテナの存在が検索できない時がある。しかし、更に進むとアンテナがあり奪取できる。
が、この道はいずれ終点を迎えるので、どこかで引き返さなくてはならない…
で、判断がつかずダラダラと進んで行くと「これより林業関係者以外立ち入り禁止」なんて看板が出て、トホホ…と引き返すことになる。
アンテナ検索は周囲2km程度なのに対して、郡部のアンテナ間隔は2kmを軽く超えるために、上記のようなことになる。

で、進退窮まった時の一方法として、エリア奪取で周囲検索することを勧める。
http://typezero.ddo.jp/ez/
エリア奪取は緯度、経度の1分単位(南北約1.88km、東西約1.48km)の面(エリア)を奪うゲームである。
au端末のGPS位置情報を利用してエリアを獲得する。
従って、開拓されたエリアはauのサービスエリアである可能性が非常に高い。
エリア奪取にも周囲検索機能があり、現在地点から南北約8km、東西約6kmのエリア開拓状況が確認できる。
この広大な検索能力を活用して、アンテナの存在を推測するのである。
道の先が未開であればアンテナが無い可能性が非常に高い。(逆に新発見の可能性もあるが…)
私の知る限り、探索能力の高い奪取erはエリア奪取にも参加していることが多い。

エリア奪取はauのサービスエリアをユーザーの立場から検証する目的で運用されている。
もし、アンテナを新発見したら周囲のエリアをクマナク開拓して欲しい。
くれぐれも林業関係者の迷惑にならない様に…
スポンサーサイト
別窓 | 奪取テクニック | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<GW第1弾! | 奪取屋いしやん | 桜散る…>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 奪取屋いしやん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。